メンバー紹介

代表・上原尚子(うえはら なおこ)

1995年演劇活動を開始。東京国際舞台芸術フェスティバル、沖縄市戯曲大賞受賞作品、jazzピアニスト屋良文雄との共演や、学校公演ツアー、ひとり芝居など舞台出演多数。

2005年~「表現&演劇スクール大地アトリエ」にて子供演劇クラスの講師、2005年~2009年まで文化庁学校への芸術家派遣事業の派遣講師を務めた。現在は名護市内にて絵本屋店主を務める傍ら、絵本の読み聞かせに力を入れている。

 

ピアノ・奥平美沙(おくひら みさ)

沖縄県立芸術大学音楽学部卒業、同大学院修了。第10回おきでんシュガーホール新人オーディション入賞。県庁新春コンサート、名護市芸術鑑賞事業コンサートなど県内の様々なコンサートに出演。また文化庁「学校への芸術家派遣事業」に参加し、小中学校にて体験型の演奏会を行い好評を得る。沖縄県立芸術大学非常勤演奏員を6年間務めたのち、現在名護市にてピアノ講師を勤める傍ら、デュオ、室内楽、器楽、声楽の共演者としても活動。

 

ホルン・比嘉菜々子(ひが ななこ)

沖縄県立芸術大学卒業後同大学院修了。在学中にグリエール作曲ホルン協奏曲op.91を同大学オーケストラと共演。ミュージックマスターズコースinかずさ2006~2008に参加、東京・神奈川・千葉において室内楽、オーケストラ公演に出演。ホルンを故安原正幸、水野信行、上原正弘、室内楽を故祖堅方正、宇佐美俊剛、横井操、山畑馨の各氏に師事。琉球交響楽団団員。沖縄県立開邦高等学校非常勤講師。

 

語り演出・北川彩子(きたがわ さいこ)

沖縄出身。普天間高校卒業後、大阪芸術大学にて映像、シナリオ制作を学ぶ。映像制作会社を経て、演劇活動開始。1995年に名護市文化事業でオーストラリアとの合同演劇に参加後、県内外で舞台出演多数。自らプロデュースする公演では脚本・演出・出演を担当。

主な経歴:<舞台>演劇空間「大地」出演・ぢーる民話劇場出演、シアター・テン・カンパニー出演、劇団ふくふくや(東京)出演 他、その他イベントMC・テレビドラマ・映画出演

 

 

編集オペレーター・友利佳代(ともり かよ)

語り・下里伸子(しもざと のぶこ)

学校での絵本読み聞かせボランティア活動に参加。季節ごとのおはなし会を企画上演、

子ども達へ絵本の素晴らしさを届けている。

友利は公演用絵本の映像編集を担当。下里は小道具作りもこなす、なんでもできる頼れる存在。